2019年6月 1日 (土)

ここにいます

C7b42ffab46047009ffeba339e7ed09b

 

ああ、もう、無理かも、とか

そんな時に、最後の砦のように

包んでくれる。

 

 

日頃から音楽を聴きあさっているのに

本当に今この時必要な音楽はこれで、

coconiしか聴けないとか、

振り返ると結構あったりする。

 

辛い記憶が巡ってしまう時は

胸に手を当てて

「私はここにいます」

と言って落ち着かせる。

なんかの記事で見たものなんだけど。

 

ここにいます。

 

 

小梅

 

 

 

| | コメント (0)

2018年8月23日 (木)

SUMMER SONIC OSAKA 2018/8/19








今年も行ってきました!
サマソニ!

・2016年のサマソニのこと
・2017年のサマソニのこと

今年は初めて2日目に行きました。

泊まりだったので大阪に着き早々に
ホテルに荷物を預けていざ舞洲へ。

前売りシャトルバスは
ユニバーサルシティ駅
から乗りました。

改札を出て左はユニバ、右はサマソニ、
9割くらいの人が左に曲がって行く…

ちなみにあの駅なんなん。
あーびっくりした。

シャトルバスは道路沿いに
停車していました。
この時、12時前だったのですが
全く行列もなくて、
待たずに乗れました。

いつものあのヘンテコな建物を眺めつつ、
橋を越えサマソニ会場へ到着。

リストバンド交換所は
もはや人がいない…(笑)やばい。。


でもでも空いていたおかげで
12:30からのPale Waves
間に合った\(^^)/




(今年は夫と行ったのでこういう写真撮れた)

(早々ビールをリュックにぶちまいた)
(他人様を巻き込まずでよかった)


pale waves、すごく楽しかった!

Television Romance/Pale Waves


*オレンジ色のの文字はYouTubeに飛びます


どの曲もワンパターンだけど、
夏の真っ昼間のマウンテンステージに
刺す涼しい風みたい。





13:40から見たのは
never young beach!
ネバヤン!
後ろにいたお兄さんたちが
すごいテンション上がってて面白かった。
「最高やん!まじか!やばい!」
と叫びつつ大合唱。笑
負けじと私も共にうたった!!

明るい未来/never young beach




ホワイトマッシブは去年からあるステージ。
地元の祭りのステージを
大きくしたやつみたいだなと思う。



14時も過ぎ腹ごしらえ。




今年もうどんが食べたくなった。
この時飲んだ2杯目のビールが
この日一番美味しかった!しみ!



そして唯一屋内のソニックステージで
少し充電。。


今年のソニック涼しかったなー。
本当のオアシスだねって会話してました。


16:55からのウルフルズを見に復活!

さっきのホワイトマッシブには
あれよあれよと人がやってくる。
ウルフルズすごい、さすが。
3ピースのウルフルズ、貴重でした。

泣く泣く最後のバンザイを聴きながら
動き始めて、
でもバンザイに夢中になりすぎて
道間違えてしまって、、
行ったり戻ったりしてたら
結局最後まで聴けた(笑)

バンザイ〜好きでよかった〜/ウルフルズ


そして本当に移動!

ここからラッシュ!!
大忙し!


この日初めてオーシャンへ!
一番大きいステージです!


もうすでに始まっているのが
Marshmello!!
この時を待ちくだびれていた!


夫が引くくらい、
私は踊り続けた!

Alone/Marshmello

White Stripesの 「Seven Nation Army」
あがりました、、
ワールドカップイヤーの
粋な計らい!!


しかしマシュメロちゃん、
ジャンバー暑そうだったな。。




終盤で切り上げて
本当のオアシス、ソニックへ!

こっちもすでに始まっていましたが、
Friendly Fires!
思ったよりダンサブルで
ちょー楽しかった。
ビール片手にさらに踊る!

この時、私は
この世の天国をかんじていました!

年に一度、あぁ、音楽の神さまー。
こんなミーハーな私を
お許しくださいと祈りつつ…
おどる。

Jump In The Pool/Friendly Fires


そしてここも泣く泣く離脱して、
再びオーシャンへ。





今年本当に人が少ないから、
写真が撮りやすかった。笑


ヘッドライナー、
Noel Gallagher's High Flying Birds!

私たち、別に、
oasisはそんなになんですが、

ドンルクをしに来ました

\そーさりぃきゅうぇーい/
しに来ました


ノエル兄さん、あざました。

今年のハイライトBGMは
Don't Look Back In Anger
ですです。



この後
ビートルズのAll Need Is Loveでシメ。

なんていうか、この、
うまく言えないけど
疲れて、汗だくで、そんな感じで
みんなで、ビートルズ歌うっていう、
もう幸せでしかなくて、
こんな美しい景色をあといくつ
生きている間に拾えるのだろうって、
毎年この会場で思っています。


で、移動!!


最後だ最後だ!

ソニックへ戻る!!
もうヘトヘト!

でも扉を開けると
Tame Impala!
ああ、かっこいい!!むり!
あがる!

照明かっこよかった。

Feels Like We Only Go Backwards/Tame Impala


色とりどりの紙吹雪が舞い上がる。


'昨日のトーキョーのほうが人いっぱいいたけど
今日のオーサカのほうが踊ってていいね'
みたいなことを言ってたみたいです!

でしょう!
数より質よね!


今年は本当に
無我夢中で踊ってる人が多くて、
すごく開放的で雰囲気良かったもん。



インパラで全アクト終演でした。



ちなみに、帰りのシャトルバス、
駅からの電車はさほど混まず、
なんばのホテルに23時までに
到着しました。

やばいね!
混まないの助かるけど、
サマソニオーサカの危機を
感じてしまうね!



しかしよう晴れました。
あんな台風と台風の合間の
絶好のサマソニ日和。


毎年オーシャンから見る夕日、
生きてるご褒美みたいです。



今年もおつかれサマーソニックでした。








小梅








| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月11日 (金)

愚問


なんのために生きてるんだろ
と、ふと、思ってしまう夕暮れだった






私が私自身にフォーカスするから
幸せとか意味とか考えるだけであって

実際生きていくためには
自分の幸せや人生の意味を
一生懸命考えることは
きっと、私にとって
重すぎてたおれそうになること

そう思うとなんだか腑に落ちて
肩の荷を下ろすのでありました








小梅







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月26日 (木)

日が暮れて、


結局のところ、人間は優しい。

道で倒れていたら、きっと誰かが
声をかけてくれるだろうし、体に触れ、
息をしているか看てくれるだろう。

泣いていたらそっとハンカチ、
はたまた、そっとしておいてくれる。

誰かが笑っていたら、
その雰囲気に呑まれて笑ってしまう。
それも優しいからだろう。

小さな失敗をした部下をナジる上司は
実際ほんのひと握りであろうし、

クソみたいなライブしても
「お前なんか音楽辞めちまえ」
なんて言う人だっていないわけ。


空気を読みすぎて結局何も出来ず、
立ちすくんでしまうことだって
それも優しいからなんだろう。



じゃあ一体、誰が叱ってくれるのだろう。
「見守る」なんて
なんだか体のいい言い訳だ。





銀杏BOYZと夕焼けが狂おしくエモい、
窓の外は今日も優しさで満ちている。



小梅










| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月10日 (土)

つまり気づくこと



三十路にしてようやく
「音楽対自分」の在り方というものが
解ってきたように思います。

「耳をすませば」の中に
皆で演奏するシーンが
あるじゃないですか。

どんなに練習したって、愛したって、
あそこに行けるのって奇跡だと思う。

あんな一瞬は音楽を通じて出会える
最高の幸せだと思う。

奇跡だけどちゃんと見渡せれば
チャンスがごろごろあるもの。

それは演奏者としての幸せで。





サマソニでフーファイをみんなで
大合唱したりさ、
圧倒されて棒立ちで観た
シガーロスとレディオヘッドとかさ、
踊りながらご飯作ったりさ、
そんなオーディエンスとしての
最高の幸せも知ってしまったし。


例えば私は
できるならタイムマシンに乗って、
もう一度17歳をしてみたいけど

唯一それができる手段が
音楽であったりもする。


場所も時間も音楽は越えていける。
一瞬で17歳の時と同じ風を吹かす。
100年前のことだって
音楽を通じて知れる。


それってやっぱりすごいね。



今すごく良い感じ。
ボタンが全部止まったよう。




GLAYもバッハもRADIOHEADも
ひっくるめてプレイリストにぶち込んで
聴けるこの感じ、超絶たのしい。



本当に音楽と一緒に生きていると
実感します。



良い音楽があったら、
教えてください。



小梅









| | コメント (0) | トラックバック (0)

そして今年のサマソニってば


ハイペースで第2弾の発表まで
あっという間でしたね





SUMMER SONIC 2018



ベックにノエル…
そして大阪にもナインインチネイルズ、
そしてマシュメロもすごくいい!


Pale Wavesやフレンドリーファイヤーズ、
セントヴィンセントとかも良いなぁ。


ソニマニにはマイブラが!
東京の人うらやまでし


NINとマシュメロがソニマニだから…
大阪は日曜が楽しそう!

ヘッドライナーはどちらでもいいな!
ベックが見たいけど、
ノエルなら
\そーさでぃきゅんうぇーい/
できるかもしれないじゃない!
…あがる!



はやく夏来ないかなーって、
夏が終わった時すでに思ってる。



音楽にまみれてしまって、
触れられたら、音鳴りそう。



小梅



| | コメント (0) | トラックバック (0)

Spotifyに取り憑かれた女


とてもおひさしぶりです

あくびを3回したら
年も明け2月が中盤戦でした



いろんなことが瞬いては消えて、
心も身体も元に戻りつつあります


体力はないが耳はちょー元気!

今年もサマソニもフジロックも
出演者が発表され始め、
夏の足音が聴こえてくる
あがる

そんな中、無敵なSpotifyで
音楽を聴き漁っていたのですが
今のマイブームは
子供の頃のヒット曲プレイリスト作り
です
1人CDTVしてるみたいで
楽しいです







昔テレビで見た、
POLYSICSのハヤシさんが
DJしながらオーディエンスと共に
全力で歌ってたのが
あまりに楽しそうだったのを
思い出しました




晩ごはん作りながら
歌って踊ってます



小梅










| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 1日 (金)

11月にcoconiを聴きたくなる



めっきり寒くなった日々のこと

やっと11月が終わった

毎年毎年11月というやつは
謂れのない寂しさを持ってくる

その心の隙間にそっと
coconiを口ずさんでいた

なんて11月が似合う音楽なんだろう
と勝手に思ったりした

coconiが寂しそうな音楽だと
言いたいのじゃなくて
なんだかんだで
私はcoconiを好きなように
11月が好きだったりするんだろう




くるみ/coconi



2016.6.11 coconi
キッド・アイラック・アート・ホールにて



小梅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月25日 (土)

携帯電話の話



携帯電話の契約更新期間が
今月までだから
思い切ってのりかえようと思いまして。

高校生になった時、
母の使っていた携帯電話を受け継いで、
そろそろ15年。
SoftBank(当時はjphone?)一筋です。
ただ、この15年間、SoftBankとは、
コールセンターやショップで
嫌な思い出しかないんだ。。
時にはケンカもしたよ。。

乗り換えるために
父の名義になっているものを
私の名義に変えたのだけど
対応する人によって
言うことが違ったりでもうぷんぷん。

無事変更し終えて
もらった確認書類を見てみると
「説明した欄にチェック」
みたいな項目があり、
全てチェック入ってるんだけど、
聞いた覚えは何一つない。
幸い困ることはなかったけど、
こえぇよ。嘘じゃんこれ。


新しいプランが続々登場したり、
そもそも全てがややこしくて、
スタッフの知識が足りないのは
もうしょうがないと思うんだけど。
それ以前の話。怠慢なだけ。


乗り換え先のauは
ショップもコールセンターも
迅速で丁寧な対応だし、
何より愛想があって安心する。
血の通った人間だあ!みたいな笑


携帯会社はどこも同じかと思ってたけど
こんなに違うなら
早く変えとけば良かった。


15年間の闘いに今日幕を閉じます。




小梅








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月24日 (火)

ふわりもやり



大人になるにつれて
友達との距離が開いていくような、
そんな感覚があるけども、

中でも誰かが会いにきてくれたり
電話や手紙をくれる友人たちに
私はこっそり家で泣いちゃうくらい
喜んでいます。


だって大事なものなんて、
早々変わらない。

私は大事ではないものすら
大事だと思い込めるからこそ、
”本当”を見失って混乱する。

何でも手放さずなんて欲張り。



約束なしのお別れです、と
百恵ちゃんは
歌っていたなと思い出した。


人生一度きり、
必要最低限の手中で進む。








小梅



| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ああ、椿屋四重奏、またやんないかな