« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月30日 (水)

テレビに映る東京の夜景



やたらに東京が好きで、
別に都会に憧れるというより
むしろ田舎で自給自足とかのほうが
理想だと思うタイプだけど
東京が都会だとかどうでもいい



たくさんの生活が渦巻いていて
胸がぎゅっとなる街、
わたしにとっては。



たくさん愛してる、
今日は天使の誕生日。




小梅





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月10日 (木)

夢から覚めないために大人になる


私の見ている覚めない夢は最高だよ

だからそのまま大人になればいいと、
ふと気付いたのだよ











責任を果たせるならば
やっと晴れて自由だ
10代や20代前半の頃よりも
遥かに自由だ

労働や税金と引き換えに
夢見放題コースが
半永久的に獲得できる


なんでこんな単純なことに
気づかなかったんだろう




これなら心置きなく
覚悟の四隅に釘が打てる


何もしない、夢も見れない大人たちの
やっかみに付き合ってる暇はないのだ




小梅






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 3日 (木)

「クラシック音楽と舞踊のコラボレーション」倉敷市民会館


k.a.n.aちゃんの自主公演
「k.a.n.a's wonder world」、
私も2年ほど前に
参加させてもらったものですが
その次の公演が12月17日。
キッドでやる最後のwonder world、
その今回のゲストである
ダンサーの「山本裕」さんが
携わる舞台が岡山であるみたいだと
かなちゃんから教えてもらい、
昨日観に行って参りました。

最初に言っておきますが
もうめちゃくちゃ良かった。
かなちゃんには本当に感謝。






3部構成になっていて、

1部はクラシックと日本舞踊のコラボ、
ピアノやバイオリンの
シンプルな演奏に乗っかって
白塗りの踊り子さんたちが舞う。
これはかなり見ものでした。

一見対極にあるようなふたつが
並行して混じり合わないようで、
それでいて踊りと音が
ぴったり引っ付いてるから
なんていうか、
視界が逆さまになったような感覚。

常識が覆されるというのは
きっとこんな瞬間なのだろう。

1部の締めくくりは
ジャスオーケストラと日本舞踊、
これは完全にエンターテイメント、
華やかでくすっと笑える面白さ。
綺麗な幕の閉じ方でした。




2部はクラシックオーケストラ。
照明が本当に素晴らしかった。
曲調に沿って背景の色が変化したり
ドキドキする演出でした。
曲目はドヴォルザークの新世界から
第二楽章と第四楽章。

第二楽章は
「遠き山に日は落ちて〜」の
岡山県庁で長くに渡り流れていた
ミュージックサイレンの曲です。

とても切ない気持ちになる、
夕方5時の季節毎の空の色合いが
浮かびます。

第四楽章は鬼気迫るあの感じ、
鳥肌が立ちました。



そして3部は
前述した山本裕さんの登場する、
オーケストラと現代舞踊のコラボ。
これが本当に良かった。


曲目はベートーヴェンの第九。

家族をテーマにした踊りは
子どもから大人までが駆け巡り
手を取り合い、時には離れてしまい、
押しつぶされることもあり、
だけどまた巡り会う。
家族の根本を問うような
とても素晴らしい演出でした。
子どもたちのパワーがすごかった。
愛らしく無邪気で、とても自然だった。


あまりに感動的で泣いてしまった。


そしてフィナーレは
出演者総出で賑やかに締めくくり。




出演者も異種混合ならば
客層も様々でおもしろかった。
着物を着た人たちや
母親に手をつながれた子ども、
客席もコラボレーションだった。



とってもとっても大満足の舞台でした。

こういうのはもっとたくさん観てみたいな。



久々に訪れた倉敷市民会館、
結構素敵なところなのですよ。




階段の様子






小梅


















| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月 2日 (水)

ひっこし、たいへん


弟夫婦の引越しを手伝っていますが
まー、引越してたいへん

寸法測っては
要るものを調達の繰り返し、

あれがないこれがないの繰り返し、


義理の妹とふたりせっせと
荷ほどきに家具の組み立て、
私なんて初めての電動ドリルを手に
テレビ台組み立てたりして、
なんで完成したんだろ…とか
不思議でしかたない。


朝からやってたら気づけば夜の10時、
おなかすいたね、の繰り返し

ニトリではもちもちのクッションに
取り憑かれ、




ニトリ モチモチクッション

これ知ってます?
やばいよ!
人生を堕落に呼び込む悪魔アイテム!
ほしい、、
味わったことのないもちもちよ、
見事取り憑かれるような感触!



そして今日の締めはバルサン、
焚いてやったものの
火災報知器鳴らないか不安すぎて
帰りの車内は気づけば口から
「バルサン」とこぼれてしまって
関係ない会話の中でも
「バルサン…あ、ちがう」みたいに
ふたりしてバルサンに取り憑かれて
笑けておかしかった。




たいへんだったけど
義理の妹とは気があうので楽しくて
笑いすぎてお腹よじれるかと思ったよ、



そして引越しスキル身についた。
この経験によって
だいぶ役に立つ人材になったと思う、
レベルアップだよー。しゅしゅしゅっ。


空の部屋がどんどん部屋になる、
というのはとても楽しくて温かいね。






小梅













| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »