« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月24日 (金)

自分のために本気で作るココアと昼下がり



飲みたい気持ちと
飲むならちゃんと作りたい気持ちが
ぶつかり合って

結果放置していた純ココアを
ひっぱりだした!


純ココアはダマになるから
ちょっぴり面倒だけど
ここはカフェ仕込みの腕の見せどころ!
すんなり溶けた!やった!

美味しい!
やはり純ココア!
コクがちがう!断然美味しい!


武器はミルクフォーマー!
100均ので十分だよ!





これ書く間にうっかり飲んじゃったから
写真はない!




たまには自分のためだけに
手間かけた飲み物もいいものです。
























今朝はとても悲しかったのだ。
起き抜けに襲った喪失感で。
久しぶりによく見てた夢を見た。

失い続けるのか、と涙が落ちてきた。

きっと春の足音が聞こえてきたから
あんな夢を見たんだろうな。



だから慰めのココアなのだ!
ごちそうさま!





小梅


















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月16日 (木)

夜中の覚醒


眠れない言葉たちを
心の中でぼそぼそポエトリー、
私の長年の癖だこれは。布団あるあるだ。


それがたまに
”やばい!これは残さなくては!”と
どんどん浮かぶ風景と音と言葉を
書き留めて、想像して、また書き留めて

そしたらどんどん眠れなくなる!
むしろ眠ってる場合じゃなくなる!
次々柵を飛び越えてくる羊を
数えてる場合じゃなくなる!

私が今数えたいのは風景だ!


どうしても手放しては生きえぬ風景だ、

”さよなら青春”できなかったよふじくん、
と心の中でテレパシってみた



一通りやり遂げたので
眠るとする





小梅




| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月14日 (火)

卒業写真に弱い私



言わずもがな、ユーミンの名曲
「卒業写真」にめっぽう弱いです。


高2の時、卒業式で
(つまり一個上の先輩の卒業式)
いつも灰色のスーツを着ている先生は
黒のスーツを身につけているのが
目についたりしながら
卒業生が入場する前の体育館に
永遠と響くオルゴールの卒業写真。


なんか全然、自分の時の卒業式よりも
この日の方が心に残ってる。

答辞が気持ちのこもった素直なもので
思わず涙ぐみながら聞いていたら、
隣の男の子もすすり泣いていた。



この卒業式のおかげで
卒業写真を聴くとうるっとしてしまう。




大人になって聴く「卒業写真」は
どちらかといえば暖かな春の匂いがする。
卒業、より入学の似合う香り。


あの頃の生き方をあなたは忘れないで、
この一文をよく思い出す今日です。




小梅












| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月 8日 (水)

2017夏に想いを馳せる


年明けと共に「もうそろそろ?」と
そわそわしていた今年のサマソニの発表。

なんかハプニング?やらなんやら
大変そうにお見受けしましたが
やっと第一弾が発表された!


大阪開催が今年も無事あって
ひと安心。。






【公式】SUMMER SONIC 2017


RADIOHEADが来なければ
去年も行くことはなかっただろうし、
たまたま大阪が近かったのもあった。



もうだって、今年の現時点の出演者、
SUM41とリアムしかわかんない。笑

でもいろいろ聴いてみたら、
恐らくあの炎天下で浮かれてしまうには
十分なラインナップの気がする。
きっと楽しい。


もともとサマソニと私の畑が違うのだ…



でもきっと行くかな!
もう誰が出てても知らんでも良い!


年に一度だけ、
音楽バカのお祭りバカになれる日。

大切な音楽だからこそ、
日々真面目に音楽と向き合っている分、

何も考えずミーハーに踊り狂いたい!

そんな日が
年に一度あってもいいじゃん!
音楽の神様、これだけは許してほしい、
見逃して、見てない振りしてほしい!


もう2017夏が動き出してるんだ。

でも寒いね今日、冬本番!





小梅















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 2日 (木)

誰か叶えてくれる



叶わなかったものは
代わりに誰かの元で叶うのかな

その分誰かの願いが
知らぬ間に私の手のひらに
収まっているのかもしれない















失くしたはずの宝物が2つ出てきた

捨てることも自ら失くすこともできず
自然に失くなれとほったらかしたもの

望み通り、
気づけばどこにも見当たらなくて
探せど探せど出てこなくて
諦めとホッとしたのは、もう昔のこと

それなのに
タイミングを見計らったように
案外あっけなく、続けざまに出てきた














イメージは夏の青空なのに
記憶は、問い詰めると
冬の曇り空だったりする


一方通行でも
踏み出せば繋がるんだ
想えば伝わるんだ


自らの幸福よりもその手のひらが
幸せで満ち溢れることのほうが
圧倒的に大事だ、本気でそう思ってる





叶わなかった私の分は、
せめてその手のひらで、
その手の形に変えて叶ったなら




そんなことを願う、2月の日






小梅










| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »