« 春を待つ | トップページ | がんばろう »

2017年3月25日 (土)

歌詞を書くというのは



働きだして一週間程がたち、
まだ今はのんびりとした中で
ふわふわ仕事しています。

研修と題して
チョークアートの体験教室にも参加したり。
(めっちゃたのしかった!)


そんな生活の中でも
ひょいっと言葉は絶えず現れて、
「絶対に体から放すまい」と繰り返し唱え
半分くらい固まったら書き起こす。


文字になって、並んで、
次の行と連鎖して、
ひとつの大きな”意”となっていく、
段階を踏んで完成していくあの様を
見ているのがすごく好きです。
なんというか、堪らないって感じで。


それは自分の感情なのか意思なのか、
はたまたもう在ったものなのかは
出来上がってから知るのも良い。


どちらにしても、それは作業で。
かけがえのない愛おしい作業です。


前者なら感情の整理をする作業で、
後者ならパズルを組み立てる作業。



昨晩書き上げたものは
感情の整理だと思っていたものが
出来上がるとそれを通り越して
在ったものに辿り着いた、というような
新感覚であっておもしろかった。



思えばこの歌詞書きは
中学生からのもので
生きるためのバランスを取るような、
そういう作業なんだと思う。


その延長線上にこの、
ブログを書く習慣が根付いて、
たぶんだけど2010年の春からだから、
もうすぐ8年目です。
みぞみぞする。









小梅





|

« 春を待つ | トップページ | がんばろう »

コメント

ようやく春が来そうですね
新たな刺激と昔からの習慣は
どちらも生きていく上で大切な気がします

私がこのブログを見るのは
安心を得るための習慣でもあり
新たな刺激を得るためでもある気がしますが

投稿: 東 | 2017年3月29日 (水) 22時38分

私自身もブログを書く習慣と同じで
友達のブログを読むことも習慣であって、確かにそれは安心と新たな刺激を得ているなと、東さんのコメントを読んで思いました◎
生きて行く上での自身とのバランスや距離感はそうやって保たれているのですね。何だか腑に落ちて、安心しました^_^

投稿: 小梅 | 2017年3月30日 (木) 12時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1358405/70042545

この記事へのトラックバック一覧です: 歌詞を書くというのは:

« 春を待つ | トップページ | がんばろう »