« 嗚呼、中村一義 | トップページ | 青色の日々は過ぎ去って »

2017年5月28日 (日)

hoshioto'17


先日、中村一義のライブに行けないと
書き連ねていましたが、
どうにか観に行くことができました!
(仕事はさぼってないよ)

岡山県は井原市にて
hoshioto'17行って参りました。


毎晩お風呂の中で
「おんがくのかみさまーたすけてー」と
SOSを送ったのが届いたのでしょうか。


中学生の時に
ブラウン管越しで観てた人は
(特にJAPAN COUNTDOWNとかで)
やはり私にとって断然スターなんです。
時が流れようとも
自分がばばぁになろうとも
スターはスターのままなのです。

そんな中の一人である中村一義。





もう感無量、
登場するなり目に涙が滲みました。
目の前に中村一義がいる、
ちょっと意味わかんない、みたいな。笑



デビュー曲「犬と猫」に始まり
「セブンスター」や「君ノ声」など
名曲揃いでありました。
中でも”アコースティックセットでは
初めてやるね、もう今日限りかもね”と
演奏したのは「新世界」。
中村一義を聴くきっかけになった曲です。
おんがくのかみさま、
新世界を聴きたかった願いまで、
中村一義先生に届けてくれたのかな。
とか思ってしまったよ。


最後は「キャノンボール」、
この曲は言葉がグサグサと刺さるのだ、
キャッチーなメロディやサウンドと
相反するような言葉の強さ。
「僕は死ぬように生きていたくはない。」
すげー歌詞だなぁと思います。


もうでも全然足らない、
もっと観たいし聴きたかったよぅ。









そんなセンチメンタルで移動して
sleepy.abも観て参りました。
「archive」というアルバムが、
大好きでよく聴いてきた。
そんなバンドを崇める日が来るとは。

sleepyについてはもうやばかった。
想像以上、めちゃくちゃ良かった。
音の洪水とはこれか、という感覚。
まみれて埋もれて心と対峙するような。
そして単純に感動した、
気づけばびーびー泣いちゃってた。
だってすごく優しくて温かいものだった。
ぽつりぽつりと沁みてくる。


なんだかこんな感覚は久しぶりで
うっかり音楽したいなぁと思った。

いつもどんな時も
頭の中はエンドレスミュージックだが
こんな素晴らしい演奏観てしまったら
感化されてしまうな、
でもライブはしたくないな…。


今回のhoshiotoには
過去に共演した方も演者に数人おられて、
ふとね、
中村一義と会場を共にできるとか、
もし自分だったら
死ぬほどテンション上がっちゃって
舞い上がってすっごいうれしいなー
とか考えちゃった、お恥ずかしながら。

そんな戯言を吐いていたら、
君ならずっとやってたらできたよ、って
1番身近な人が言ってくれたりして、
それはそれで何とも救われるのです。

でもわたしはそこに行き着くための道を
踏ん張る努力は選べなかった。
無理だなと踏んだわけです。
だって辛いもの。
がむしゃらにライブをやっていた頃は
どんどん大事な気持ちから
遠ざかっていくような思いだった。
今思えば。

ただ音楽に真っ向から好きって言いたくて
そのために今の生活を選んでいて、
そして今日みたいな日が訪れる。

間違ってなかったなって安心した。
去年のサマソニとかもそうだったな。

5年前には後ろめたくて言えなかった、
”好き、大好き、愛してる”を
今は正々堂々と言えることが
やっぱり嬉しいなと思います。


形は変われど最優先は音楽です。




まだまだ中村一義先生の余韻が
抜けず夜更かしさんですが、

次はシガーロスだな!
人生の転機になる日です。
















小梅









|

« 嗚呼、中村一義 | トップページ | 青色の日々は過ぎ去って »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1358405/70691725

この記事へのトラックバック一覧です: hoshioto'17:

« 嗚呼、中村一義 | トップページ | 青色の日々は過ぎ去って »